"2つのリビング"があるお家。

モデルハウス見学 資料請求 お問合せ Web Shop

BLOG

interior_green

インテリアのあれこれ|グリーン編

今回は、[インテリアGREEN]。

 

インテリアの第2弾は、植物たち – グリーンについてです♪

インテリアグリーンの魅力を考えてみましょう。

 

植物好きでもそうでなくとも、

住まいになくてはならないものの1つ、

それは「インテリアグリーン」です(断言!)。

ほぼ100%、何かしらの植物があなたのお宅にもいるハズです。

庭木もあれば、室内の観葉植物、お花を生けたりもしますね。

でもなぜ住まいには植物があるのか?あまり深く考えないものですが、

やはり人間にとっては自然を感じて暮らすことこそが癒しであり、

居心地が良かったりする。もしくは四季であったり、生命のうつろいに

魅了されているんでしょうね。だから住宅には必ずと言っていいほど、

植物があるんだろうと思っています。

  

green   

 

家を建てれば、木や花を植え、育て愛でる。

地球温暖化の影響もあり、なるべく環境負荷を少なくしたい。

そんな思いで屋上や壁面緑化する家も珍しくない時代です。

住宅と植栽の考え方にも少しずつ変化を感じるようになりました。

今までは、新築とあわせて庭に記念樹やシンボルツリーを植え、

家族が住宅といっしょに成長していくさまに、

幸せな未来を投影する、みたいな感覚が強かったように思います。

しかし今はどうでしょうか?

もちろん家族の幸せを願って植栽するご家族もあると思いますし、

冒頭で述べた自然との関わり合いを意識して植物に接する方もいると

思います。

   

だがしかし、、豊かになり過ぎたこの時代、

飽きたりないファッションピーポーたちは、

ボクら自然もデザインだと思ってるんでと言わんばかりに、

おしゃれなインテリアグッズの1つとしてグリーンを取り入れる、

そんな傾向がことさら強くなってきていないでしょうか?

 

ちょっと小洒落たインテリアショップを覗けば必ずと言っていいほど、

そう、ちょっと高くてカッコイイ鉢植えに、

ちょっとした枝ぶりや葉っぱもなんかオシャレ♡で、

ついついお持ち帰りしたくなる、ってなってませんか?

 

今や盆栽だってアートとして取引される今日このごろ。

メタモルフォーゼしたかのような出立ちのグリーンたちは、

こぞってレアアイテムみたいに付加価値がつき、

コレクターのハートに火をつける。

つまり野に生きてきた植物はインテリアGREENなどと呼ばれ、

住まいや人と共存してきた癒し的な存在から、

暮らしのスパイスのように所有することでココロを満たすもの、

に変わりつつあるように思います。職業でも植物ハンターや、

ランドスケープアーティスト、フラワーアーティストみたいに、

植木屋さん、お花屋さんからアート寄りに昇華させた肩書きまで

出てきてますが、アートのようにココロに訴え感動させるものが、

時代の流れの中で必要とされるようになってきたんだと解釈しています。

 

 

インテリアグリーン

インテリアとしてグリーンを取り入れよう。

ミニマルな住宅であっても、

デコラティブなインテリアのお宅であっても、

生命感溢れる植物のパワーがないと、

どこかインテリア(またはエクステリア)は殺風景な印象になります。

われわれは、目には見えない力を彼らから頂戴し、

風水で言われるような気の力をもらっています。

その生命力漲るフォルム、人間の体にはない色彩であったり、

インテリア(や住まい)に、日々変わっていくいのちを取り入れることで、

季節や気温、風の動きであったり、五感に訴える何かがあるから、

そのパワーを家の中(または外)に取り入れるのでしょう。

 

そして、そんなインテリアグリーンを育てるのに最適な住宅。

それはグランプです(笑)。もっともそこが言いたかったのですが、、

こんなに光や風を感じて暮らせる住宅はほかにありません!

この流れで宣伝か、と思ったら大正解です💦

土地の事情で庭が作れないとか、坪庭だけではモノ足りないという

グリーンラバーのみなさまにも、グランプのアウトドアリビングがあれば、

インテリアグリーンの世界はもっと広がりますヨ!

 

なぜそうなのか?ぜひモデルハウスで2Fリビングをご体感ください!

絶賛お得なご来場キャンペーンも開催中です。体験すればきっとわかるハズ!

やや力業で宣伝しましたが、モデルハウスへのご来場、お待ちしております!

 

 

 

ブログ一覧へブログ一覧へ